RSVP 20号 麗しきロンドン 癒しのカントリーサイド

Life in English Garden Troy Smith @Sissinghurst

先日ちょっとしたご縁で最新号のRSVPを手にしました。いつも思う感想なのですが、本当のイギリスの姿を伝えてくれる大好きな雑誌です。今回のサブテーマには ’癒しのカントリーサイド’ とあり、ワクワクしながらページを開きました。

RSVP20号

http://www.rsvp.co.jp


ロンドン ホテル物語から始まり、ブレックファースト、アフタヌーンティ、そしてカントリーサイドへ。
わかる、わかる、とうなづいてみたり、こんな場所もあるんだ、と発見してみたり、かなりレアな情報満載です。

そして、この度とても楽しみにしていたシッシングハーストのページが。。。
ヴィタ サックヴィル ウエストが生み出したホワイトガーデンはいつの時も世界中のガーデンラバーから愛されています。

今まで開催をしてきた『イングリッシュガーデン講座』の中でも必ず彼女の話はご紹介させて頂いています。

 

今回、なぜこのRSVP20号のシッシングハーストのページを楽しみにしていたかと言うと、ヘッドガーデナーのトロイにスポットが当たっていて、さて、どんなコメントになるのだろうと、心待ちにしていたのです。

 

「シッシングハーストの庭は僕にとって恋人のようなもの」

このコメントには心を射抜かれたかのように、わかるわかる!
嬉しかったです。

トロイの気持ちが、庭の造り手の愛情がたくさん詰まったページに仕上がっていて、とてもとても嬉しくなりました。

 

私が研鑽を重ねるグレートディクスターとシッシングハーストは車で2、30分の距離。たくさんの交流もあり、夏の庭仕事の後にお互いの庭を見に行く事もあります。

 

庭の造り手の日々の努力と愛情を、もっとガーデンラバーの皆様と共有できます様に。

 

そんな想いもあって、ブログでちょっぴりお話をさせて頂きました。

ご縁ありましたらぜひRSVP20号を覗いて見てください。

 

 

- makiko -

0 Comments

Talk Event & Workshop @横浜イングリッシュガーデン

横浜イングリッシュガーデンの皆様、2日間に渡るイベントでは大変にお世話になりました!お天気にも大変に恵まれなんと夏日和?(笑)ついついふらふら〜とお庭を歩きたくもなります。次から次へと植物の成長が気になるこの時期なのに、スパーバイザーの河合伸志さんもスタッフの方達のプライベートスペースでパチリ⭐︎
お花たちからのパワーもあって笑顔満開のショットとなりました!

with Supervisor Takashi Kawai @YokohamaEnglishGarden 

 

16日のトークショー開始前。

たくさんの方が来て下さいました。

ありがとうございました!

18日のワークショップにて
苗は宮城のはるはなファームさんから直送です。
とても丁寧に育ててもらったんだな、と見るだけでわかる元気苗でした。
有難うございます!
鉢はやっぱりエコフォームズ。この時期にはターコイズが合いますね。

植栽は

#ゲラニウムハバナブルース #セントーレアパープルハート #リシマキアアトロパープレアボジョレー #オルレアホワイトレース 
#geraninumhabanablues #centaureapurpleheart#lysimachiaatropurpreabeaujolias#orlayagrandiflora 

ギブアウエイでご参加くださった ルーツポウチも大好評でした。

 

皆さま本当に有難うございます!

 

ちょうど見頃だった素敵なさくら達はこちら↓

さくら関山

/ Prunus Lannesiana 'Sekiyama'

さくら須磨浦普腎像

/ Cereasus serrulata 'Sumaura fugenzo'

バラはこれから。

でもこんなに素敵なお庭でした。↓

 

お庭のプライベートスペースでパチリ。
いつもお庭を守ってくれる方の一人。
素敵な笑顔に星みっつ!
自然の中にいると自然な笑顔がこぼれます。

 

久しぶりにブログを開始しました!

少しずつ、もっとお伝えできるように・・・
頑張ります!
また時折お立ち寄りくださいね。     makiko x

0 Comments