RSVP 20号 麗しきロンドン 癒しのカントリーサイド

Life in English Garden Troy Smith @Sissinghurst

先日ちょっとしたご縁で最新号のRSVPを手にしました。いつも思う感想なのですが、本当のイギリスの姿を伝えてくれる大好きな雑誌です。今回のサブテーマには ’癒しのカントリーサイド’ とあり、ワクワクしながらページを開きました。

RSVP20号

http://www.rsvp.co.jp


ロンドン ホテル物語から始まり、ブレックファースト、アフタヌーンティ、そしてカントリーサイドへ。
わかる、わかる、とうなづいてみたり、こんな場所もあるんだ、と発見してみたり、かなりレアな情報満載です。

そして、この度とても楽しみにしていたシッシングハーストのページが。。。
ヴィタ サックヴィル ウエストが生み出したホワイトガーデンはいつの時も世界中のガーデンラバーから愛されています。

今まで開催をしてきた『イングリッシュガーデン講座』の中でも必ず彼女の話はご紹介させて頂いています。

 

今回、なぜこのRSVP20号のシッシングハーストのページを楽しみにしていたかと言うと、ヘッドガーデナーのトロイにスポットが当たっていて、さて、どんなコメントになるのだろうと、心待ちにしていたのです。

 

「シッシングハーストの庭は僕にとって恋人のようなもの」

このコメントには心を射抜かれたかのように、わかるわかる!
嬉しかったです。

トロイの気持ちが、庭の造り手の愛情がたくさん詰まったページに仕上がっていて、とてもとても嬉しくなりました。

 

私が研鑽を重ねるグレートディクスターとシッシングハーストは車で2、30分の距離。たくさんの交流もあり、夏の庭仕事の後にお互いの庭を見に行く事もあります。

 

庭の造り手の日々の努力と愛情を、もっとガーデンラバーの皆様と共有できます様に。

 

そんな想いもあって、ブログでちょっぴりお話をさせて頂きました。

ご縁ありましたらぜひRSVP20号を覗いて見てください。

 

 

- makiko -

Write a comment

Comments: 0